稲庭うどん、讃岐うどんと共に「日本三大うどん」の一つと呼ばれている、五島うどんのネットショップ。
九州は長崎県五島列島の「五島うどん」や特産品を「五島マルマス」から産地直送にてお届けします。

うどん通販産直「五島マルマス」

トップページ商品カテゴリご利用方法運営者の紹介催事・お客様の声お問い合わせカートの中
ご推奨品

新上五島町の花や鳥

椿・新上五島町の花

町の花・藪椿

「東の大島、西の五島」といわれ五島は 「椿」の宝庫です。「椿」は新上五島町の町花に指定されております。「椿油」は、五島うどんにも使用されています。

めじろ・新上五島町の鳥

町の鳥・めじろ

めじろは、中国名で「燕雀目」。目の周りが白い輪になって可愛らしいです。町の鳥に指定。大分県の鳥も「めじろ」で「豊後めじろ」として有名だそうです。

うどんのレシピご紹介・五島うどんの茹で方と料理

 

  うどんの茹で方

 
 五島うどん」は、五島列島の自然の恵みと伝承「手延べ」の技のに育まれた乾麺です。

うどん料理の極意は、「茹で方」。茹で方一つで美味しさが変わります。

お湯の量、茹で上がり時間など基本的な茹で方をご紹介します。 お湯の量は、たっぷりが基本。

お湯が少ないとお湯の中で麺と麺がくっついて、茹でムラができます。
 

うどん茹で方1

 

 うどん茹で方2

  

たっぷりの湯(300gで3L以上)を沸騰させて、五島手延べうどんを入れて下さい。大きな鍋がないときは一人前づつ茹でましょう。

箸で混ぜて再び煮立ったら火を少し弱めて下さい。ゆで時間は6〜7分。再加熱するときは3〜5分。

うどん茹で方3

 3

うどん茹で方4

 4

お湯を流して冷水にとり、箸で混ぜて下さい

2〜3回水をかえて、手で軽くもみ洗いし、麺の出来上がり。

 

 

 五島列島自慢の”パスタ風”アレンジの動画をYOUTUBEでご紹介しています。ぜひご覧ください。

 

 うどんのレシピ

 
”五島うどん”の美味しい料理法やレシピを紹介します。地元五島では、家庭料理”地獄炊き”が自慢の味です。たっぷりのお湯で茹でた”五島うどん”を、卵やアゴ(飛魚)のだしでいただくのが定番です。

シンプルな料理法ですが、うどんのぷるんと滑らかな食感と、豊かな風味を味あうことができます。
グルメや麺通の皆様には、是非、お取り寄せいただきご賞味ください。
いろいろな季節の”鍋もの”のあとの「五島うどん」も格別ですので、是非挑戦してみてください。
 

五島うどんのレシピ・五島の家庭料理「地獄炊き」

五島の自慢の家庭料理「地獄炊き」

【材料】五島うどん適量(80g〜100g/1人前)、つけ汁(煮だし汁、みりん、しょうゆ)、薬味(ねぎ、しょうが、かつお節、卵など)
 
作り方】
@大鍋に、お湯をたっぷり沸騰させ、五島手延うどんをいれる
A煮えてきたら、各自でとっていただく。
B
つけ汁は醤油だけでも良いし、あごの煮だし汁をみりんで割ったものでもよい。
C
卵を割りいれ、好みの薬味を加える。

地獄炊き」は、大勢の人で鍋を囲みながらいただく素朴で豪快な料理です。行事食や家庭料理として親しまれてきた五島自慢の饂飩料理です。※

地獄炊き

「じごく」という名前の由来は旅人が「しごくおいしい」といったのを聞き間違ったことからきているといわれています。

納豆うどん

「できたてGopan」で紹介されたレシピです!(05年5月30日放送)

【材料4人分】五島うどん・・300g、ひきわり納豆・・160g、いかそうめん・・250g、うずらの卵(黄身)・・4個、小ねぎ・・60g、白味噌・・・大1、きざみのり・・適量、めんゆつ・・・適量
作り方】
@麺は7分茹で、氷水を張ったボールの中でもみ洗いしてザルにとり水気をきる。
A麺にめんつゆをかけ、全体をなじませる。
B納豆のタレと白みそ(大1)を混ぜ、納豆を加えてよく混ぜる。
Cネギは小口切りにする。
D盛り付けた麺に納豆・いかそうめん・うずらの卵・ねぎ・きざみのりを盛り付ける
Eお好みめんつゆをかけて出来あがり

納豆うどん

冷うどんには、五島うどんをお使い下さい。つるっと、こしが強く冷うどんに最適です。スタミナ・栄養満点、のどごし抜群です。お好みでわさびを添えても。

うどんボンゴレ

あさりの旬には「うどんボンゴレ」

【材料4人分】@五島うどん80gAあさり(殻付)・200gBオリーブ油・大さじ1Cにんにく・少々D白ワイン・大さじ2 E塩・少々Fこしょう・少々 Gパセリ・適量
作り方】
@うどんは、たっぷりのお湯で、芯に少し堅さが残る程度に茹でる。
A
フライパンにオリーブ油を熱し、にんにくの薄切りを炒め、あさりも入れて炒める。
B
白ワインを加えて少し蓋をして、貝の口を開ける。
C
塩・こしょうをする
D
うどんを混ぜ合わせ、パセリを混ぜる。

 ※ご注意点は、
「貝は殻を良く洗っておく」「うどんの茹で上がりとあさりソースの出来上がりが同時になるようにする。」です。

うどんボンゴレ

五島うどんは、パスタとしてもとても美味しいです。あさりは、3月から5月ころの産卵期前が身もふっくらして、一番美味しい時期です。

焼うどん

簡単調理「焼うどん」

【材料3人分】@五島うどん240gAあごだしスープ20gB豚バラ肉・キャベツ・人参 等お好みの野菜を適量Bサラダ油・少々C醤油・少々
作り方】
@うどんを約7分ほど茹で、ザルに移して十分に水洗いします。
A
温めたフライパンに少量のサラダ油を入れ、豚バラ肉・人参・キャベツ・@のうど   んの順で炒めます。
B軽く火が通ったら、あごだしスープを入れ混ぜ合わせます。
    (お好みにより風味付けに醤油を少量入れます。)


 

焼うどん

 

カレー風味ラザニア

 ふしめんを使った「カレー風味ラザニア」

【材料3人分】@五島手延べふしめん250gAレトルトカレー・2袋
B玉子・3個Cとろけるチーズ・適量Dパプリカ(お好みの野菜)・適量

作り方】
@ふしめんを8分程ゆで、耐熱皿に盛りつけます。
A市販のレトルトカレーを@の上にかけ、中央を少しくぼませ生玉子を1個
  割入れます。

B玉子の周りにとろけるチーズをのせ、その上にきざんだパプリカをふりかけ
  オーブンで数分焼きます。
  玉子の黄身が半熟程度になり、チーズが溶け焦げ目がついたら出来上が
  りです。

 カレー風味ラザニア

 

レシピ検索NO1・COOKPAD

 

レシピ検索NO1・COOKPAD

 

 

top

suisyou

kodawari

ice

resipi

kago

商品検索
キーワード    価格範囲 円〜